テニス肘について

テニス肘は、文字通りテニスプレイヤーに発症する代表的な症状です。多くて全体の半分程度が、この症状を発症させる可能性があることが指摘されています。テニス肘は、手首に負担をかける動作を行ったときに、肘から手首にかけて痛みが生じる現象です。

つまり、スポーツなどによる日常的な行動が原因です。正式な病名では、上腕骨外側上顆炎といいます。筋肉の付け根の部分が炎症を起こし、それが継続することで痛みが発生します。

 

テニス肘の特徴

基本的に、テニスなどのように同じ動作を繰り返すスポーツでは特定の部分に負荷がかかりすぎてしまいます。その結果、その部分の関節や骨などを痛めてしまって、日常的にその痛みが持続することになります。テニス肘も同様で、特定の動作を繰り返すことで肘から手首にかけて衝撃が走ります。

日常生活を送る分には大きな痛みを感じませんが、肘と連動する動作を行うと痛みが大きくなります。酷い症状の場合には、指を伸ばす動作でも痛みが走るため、日常生活に問題が生じる可能性も否定できません。ここまで症状が悪化すると、物を掴むのはもちろん、パソコンでキーボードを打つような指を使う動作でも痛みを感じるようになります。

テニス肘の予防

予防を行う場合には、ストレッチやサポーターを付けることが最も簡単な方法です。悪化しすぎると、痛み止めの注射を行ったり、ステロイド注射などを行わなくてはならない場合もあります。炎症を起こして放置していると、カルシウムなどの沈着物が固まるケースもあるため、酷い場合には必ず病院で検査しなくてはいけません。

 

テニス肘でお悩みなら当院にお任せください。

テニス肘でお悩みなら下松市にあるてあつい整体院下松院にお任せください。 テニス肘の原因は様々なものがありますが、その中でも代表的なものには上記の原因が考えられます。将来的には、患者様ご自身が自立されて当院を卒業して頂くために的確な施術治療を行います。 辛いテニス肘の症状でお悩みなら一度当院へご相談ください

 

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス