ゴルフ肘について

ゴルフ肘とは「上腕骨内側上顆炎」と呼ばれるスポーツ障害であり、肘の内側の箇所を痛めやすいとされています。特に肘の内側の「内側上顆」と呼ばれる骨の出っ張りに過度な疲労が蓄積されると炎症が生じ、痛みを感じるようになるのです。

一度なってしまうとスイング時に痛みだけでなく腕を曲げる、手を強く握る、ひねった時などにも痛みを伴うのです。そのため日常生活にも支障をきたしてしまう可能性があります。

 

ゴルフ肘の原因

原因としては、無理なスイングのし過ぎだと言われています。この他にも手先で打つ、ダフリ、手首や腕の使い過ぎからくる疲労の蓄積なども原因です。そのためスイング時に肘が脇から離れすぎている、両肘に力を入れすぎた状態でスイングしている、手首中心でスイングしている、グリップに過度な力を入れてスイングしているなどのゴルファーは注意が必要です。

 

ゴルフ肘の治療法

治療法としては安静にすることが重要です。この他に塗布や消炎鎮痛剤、ステロイドの局所注射なども効果があるとされています。またゴルフ肘を改善させる方法として、練習時やラウンドを回る前後に入念にストレッチを行います。そうすると腕の筋肉が柔らかくなり、肘の筋肉疲労を軽減させることに繋がります。

その方法としては両腕を前に出し、一方の手をもう片方の手で掴んで手の甲の方へ反らします。息をゆっくりと吐きながら、筋肉を伸ばすことを意識すると良いです。更に両腕を組んだ状態で手の甲を自分のほうに向け、両腕を伸ばしていく方法もあります。このストレッチでは腕や肘の筋肉だけでなく、背中の筋肉も伸ばせます。

 

ゴルフ肘については当院にお任せ下さい

当院はお客様一人ひとりに合わせた的確な施術方法で、皆様の辛い症状を根本から改善致します。ゴルフ肘の原因は様々ありますが、その中でも代表的なものには上記の原因が考えられます。将来的には、患者様ご自身が自立されて当院を卒業して頂くために的確な施術治療を行います。辛いゴルフ肘の症状にお悩みの方は、是非当院へお越しください。

 

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス