変形性股関節症について

変形性股関節症は男性より女性に多いのが特徴です。加齢によって発生するケースがありますが、加齢との関連性はそれほど高くはありません。変形性股関節症の原因の20%程度に留まっており、先天的な要因のほうが強く影響していることがわかります。

先天性な原因の場合は、幼少期の習慣が大きく関係しています。例えば膝関節に問題が発生した人は変形性股関節症の発症率が高くなるのです。

変形性股関節症の特徴

股関節形成が正常に行われなかった人、臼蓋形成不全を招いている人などはリスクが高くなります。若いのに股関節が痛むという人は、将来的に変形性股関節症を発症する可能性があるので注意してください。そのまま放置しておくと症状が進行し、改善するのが難しくなるのです。

肥満の人は変形性股関節症の原因を招きやすいですが、これは関節に大きな負担がかかるためです。体重が重たいほど関節にある軟骨が摩耗しやすくなるので、適切なダイエットをする必要があります。

外国人の方にも発症します

外国人にも変形性股関節症は発症し、その多くは原因が不明になっています。それに対して日本人の場合は生活習慣に影響する症状が多いのが特徴です。いずれにしても原因は幼少期に作られることが多いので、注意深く観察する必要があるでしょう。

症状は高齢になるにつれて強く出てくるので、若いころから違和感を覚えるならば要注意です。安静時も関節に痛みを感じるようになったら、かなり進行していると考えられます。痛みや違和感がある場合は整形外科で検査を受けてみてください。

変形性股関節症については当院にお任せ下さい

変形性股関節症でお悩みなら下松市にあるてあつい整体院下松院にお任せください。変形性股関節症の原因は様々なものがありますが、その中でも代表的なものには上記の原因が考えられます。将来的には、患者様ご自身が自立されて当院を卒業して頂くために的確な施術治療を行います。辛い変形性股関節症でお悩みなら一度当院へご相談ください。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス