足底筋膜炎について

足底筋膜炎は、足の付根からかかとまでを覆っている、足底筋膜に炎症が起こる疾患のことです。かかとの前のあたりが痛むことが多く、かかとのアーチのつま先側も痛むケースがあります。症状の部位は炎症に加え、非常に小さな断裂が生じているので、痛みの原因は必ずしも炎症のみに限られないです。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎のそのものの原因は過度な負担にあって、体重を支える足底筋膜に繰り返し負担を掛けることが、炎症や痛みの引き金になります。一般的には体重の増加が足底筋膜炎の原因で、特に運動不足で下半身の筋力が低下していると、急激な体重の変化に対応しきれないわけです。

スポーツに取り組んでいる人であれば、走り込みのやり過ぎなどによる、オーバーユースが足底筋膜炎を引き起こします。バスケットボールやバレーボールのように、ジャンプをする競技をしている人も、やはり発症のリスクが高いといえるでしょう。

体重や運動以外の原因

体重の増加や運動に心当たりがない場合は、立ち仕事に原因があると考えられます。引き金は他のケースと同じく足底筋膜の負担で、連続して筋膜を圧迫することがリスクを高め、そして足底筋膜炎の発症に繋がります。加齢で真っ直ぐ立っていられない人は、重心が後ろに移動することによって増えたかかとの負担が、足底筋膜炎の原因になり得ます。

他にも、足首の関節が硬くて回らない人や、靴が足に合わず歩行時の着地の衝撃が足裏に響いている人も、発症リスクを抱えていることになるので要注意です。誰にでも足底筋膜炎のリスクはありますから、足に負担を掛けないように気をつけることが大切です。

足底筋膜炎について

足底筋膜炎でお悩みなら下松市にあるてあつい整体院下松院にお任せください。足底筋膜炎の原因は様々なものがありますが、その中でも代表的なものには上記の原因が考えられます。将来的には、患者様ご自身が自立されて当院を卒業して頂くために的確な施術治療を行います。

辛い足底筋膜炎でお悩みなら一度当院へご相談ください。皆さんのご来院を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス