坐骨神経痛について

腰痛からお尻そして太もも、最終的にはすねや足先などに痛みやしびれの症状が出ると坐骨神経痛の可能性が高くなります。

腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫と刺激されることによって症状が起きます。坐骨神経痛の原因としては様々ありますので、しっかり理解しておくことがとても大切です。

坐骨神経痛の原因

若年者に多い原因

統計的には若い人は腰椎椎間板ヘルニアが最も多くなります。背骨は骨とゼリー状になっている椎間板が積み重ねっているように構成されていますが、何らかの影響を受けてそのゼリーが押し出され、背骨の隙間にある神経が走っている脊柱管を圧迫や刺激することで痛みが生じます。

高齢者に多い原因

高齢者は腰部脊柱管狭窄症が、坐骨神経痛の原因になることが多いです。老化によって神経が走っている脊柱管が圧迫刺激を受けることで、痛みやしびれが生じます。

高齢者になるとこの症状で、立てないもしくは歩けなくなることもありますので、なるべく早めに医療機関と相談することが大切です。

外傷やスポーツが原因

また外傷やスポーツによって圧迫されて痛みやしびれが出る梨状筋症候群、その他に悪性腫瘍の可能性もあることから、自分で判断しないことも大切です。

症状としては腰痛から足にかけて、痛みやしびれが広がっていく特徴を持っていることから、それらの症状が出て生活に支障をきたしているのであれば専門家の受診をおすすめします。

坐骨神経痛でお悩みなら当院にお任せください。

坐骨神経痛でお悩みなら下松市にあるてあつい整体院下松院にお任せください。坐骨神経痛の原因は様々なものがありますが、その中でも代表的なものには上記の原因が考えられます。

当院では辛い痛みから解放されるために、細かく丁寧なカウンセリングをさせていただいております。将来的には、患者様ご自身が自立されて当院を卒業して頂くために的確な施術治療を行います。

辛い坐骨神経痛でお悩みなら当院へお任せください。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス