膝の痛みについて

一言で膝の痛みと言ってもその原因は多種多様です。膝の内部から痛みが生じているものもあれば、外部に原因があるものもあり、加齢によって起こるものから、生活習慣が原因となっているものまで様々なものがあります。

膝の痛みで悩んだ時には、どのような原因で発生しているのかをはっきりさせて、正しい治療をしていくのが重要となります。

膝の痛みの原因

加齢が原因の痛み

加齢によって起こる膝の痛みは、膝の中にある軟骨がすり減って痛みを生じさせるものです。軟骨の役割というのは、関節の間に入ってクッションの役割を果たしているわけですが、加齢によって少しずつすり減ってきます。

軟骨がすり減っていくとクッションがなくなってしまうわけですから、痛みが発生することになります。

運動や事故が原因の痛み

膝の靭帯が損傷をして痛みがあることも珍しいものではなく、スポーツをしていて膝に負荷をかけたり、事故の負傷で痛めてしまうこともあります。これは怪我や事故が発生したときに痛みがあるので原因もすぐにわかることでしょう。

偽痛風が原因の痛み

偽痛風と呼ばれる病気によって膝の痛みが生じることもあります。これは名前の通り痛風のような症状が出る病気で、膝関節に炎症が起きるのが特徴です。痛風の原因は尿酸の結晶ですが、偽痛風は尿酸以外の結晶により関節炎が起きるものを指します。

何の前兆もなく途端に膝の痛みが起こる病気であるため、急に膝が痛くなったという時には、偽痛風の可能性があることを覚えておくと良いでしょう。

運動不足が原因の痛み

膝の痛みが実は運動不足から来るということも珍しくありません。膝を動かしすぎるのは当然負担がかかりますから痛みの原因となりえますが、その逆に全く運動をしないというのも、筋力を低下させて痛みを生じさせることになってしまいます。

筋力の低下だけでなく、適度に運動をしないと関節の柔軟性が低下をすることになりますから、膝関節が固くなってしまったことで、膝の痛みが生じることもあります。

膝の痛みでお悩みなら当院にお任せください。

膝の痛みでお悩みなら下松市にあるてあつい整体院下松院にお任せください。膝の痛みの原因は様々なものがありますが、その中でも代表的なものには上記の原因が考えられます。

当院では辛い痛みから解放されるために、細かく丁寧なカウンセリングをさせていただいております。将来的には、患者様ご自身が自立されて当院を卒業して頂くために的確な施術治療を行います。

辛い膝の痛みでお悩みなら当院へ是非ご相談ください。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス