三叉神経痛について

顔が不意に痛むときに疑われる病気の一つが三叉神経痛です。三叉神経というのは顔の触覚や温度を感じる、物を噛むときに筋肉を動かすといったことで使われる神経です。

三叉神経の症状と原因

症状と原因はというと、顔に突発的な痛みを感じるのですが数秒から数十秒で消えることが特徴です。もし、これが数十分とか1時間が経過しても消えない痛みであれば、別の病気だと考えたほうが良いです。

なぜ痛みが生じるのかと言うと、三叉神経が血管によって圧迫されていることがほとんどです。その場合には、圧迫している血管を三叉神経から引き剥がせば痛みが取れます。

ただ、三叉神経に触れているのが動脈であれば単純MRIによって診断ができますが、静脈であればわかりにくいです。静脈が接触していることを確認するためには造影剤を使用して調べなければいけません。

三叉神経については当院にお任せ下さい!

割合としては少ないのですが、くも膜が癒着している場合や脳腫瘍による圧迫も可能性があります。くも膜の癒着ならばその部分を剥がし腫瘍であれば摘出することで治せます。

治療をするために、血管の移動や腫瘍の摘出といった手術を行った後、三叉神経痛は再発することもあります。このように症状が重症化する前にまずは、当院にご来院ください!心よりお待ちしております。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス