TFCC損傷について

TFCC損傷は主に手首の痛みと、外傷や使い過ぎという症状と原因がある疾患です。TFCCとは三角線維軟骨複合体のことで、手首の小指側に位置する橈骨と尺骨間の靭帯や腱、軟部組織を指します。

外傷を受けてこれらにダメージが生じると、炎症や痛みが生じてTFCC損傷となります。手首の痛みが全てTFCC損傷とは限りませんが、加齢やスポーツのやり過ぎ、転んで手をつくなどが引き金になることもあるので要注意です。

TFCC損傷で引き起る症状

TFCC損傷が発症すると、手首に痛みが現れて日常生活に支障が出てきます。例えばドアノブを回す際に痛くなったり、重たい物を持ち上げる時に、痛みで手首の動作が制限されるなどです。

更に、手首が腫れたり力が入りにくく感じるケースもあるので、症状と原因に思い当たることがある場合は、無理をせず安静にして速やかに治療を始めるのが賢明です。

TFCC損傷でお悩みの方は当院にお任せ下さい!

関節リウマチや痛風の持病がある人は、TFCC損傷の発症リスクが高いとされています。加齢によって誰でもリスクは高まりますが、過去に手首に負担が掛かる怪我を経験していたり酷使してきたなら、年齢に関係なく気を付けた方が良いでしょう。

マッサージやストレッチで解すと、筋肉の緊張が緩和されて予防に繋がったり、症状を緩和させることができます。テーピングとサポーターの装着も有効とされているので、手首の負担が大きい人はこれらの対策が検討できます。

当院では、ご来院頂く全てのお客様お身体の悩みを綿密なカウンセリングを踏まえた“てあつい”施術を心がけております。もしTFCC損傷でお悩みの場合は当院にお越しください!心よりお待ちしております。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス