ジャンパー膝(膝蓋腱炎)について

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)とは、膝を酷使したために起こる障害で、バレーボールやバスケットボールなどジャンプや着地動作を頻繁に行うスポーツや、サッカーなどキック動作やダッシュを繰り返すスポーツを行っている人に多くみられ、その中でも成長期にある10代の男性に多いのが特徴です。

ジャンパー膝の症状

ジャンパー膝の症状と原因についてですが、まず症状はバレーボールやサッカーなどのスポーツを行う際に、膝前面に疼痛と圧痛が見られる他、局所の熱感や腫脹が伴います。また腹ばいになって膝を曲げると、大腿前面に突っ張った感じと疼痛が起こり、それから逃れるために無意識に尻が上がります。

これはジャンパー膝を見分ける重要な所見となります。ジャンパー膝の病態は、腱実質部に出血や浮腫、ムコイド変性やフィブリノイド変性などをきたして、微少断裂や完全断裂に至ることも在ります。

原因

原因として考えられるのは、大腿四頭筋の柔軟性が低下です。特に成長期にある長身の人は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかないことがしばしばあります。

そのような状態で、ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を激しく行うことで筋肉が硬くなってしまい、その負担が末梢の膝蓋骨周辺に蓄積されてしまいます。これが痛みの原因というわけです。

ジャンパー膝でお悩みなら当院にお任せください

ジャンパー膝でお悩みなら てあつい整体院にお任せください。
痛みを我慢し、筋肉が断裂してしまった場合、手術が必要となることもあります。手術をしなくてすむように、早めの治療をお勧め致します。

当院では、症状の根本原因の治療にこだわっています。まずは、丁寧なカウンセリングをさせていただき、患者様お一人お一人に合わせた的確な施術治療を行っていきます。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

電話予約 ウエブ予約 ライン予約
  • 店舗外観
  • 営業時間

住所:〒744-0073 山口県下松市美里町3-9-12

院内の様子をご覧いただけます。

 

当院へのアクセス